三井住友VISAデビュープラスカードは収入額で申し込みが制限されることがありません。

MENU

18歳でも作れるクレジットカードの種類

 

クレジットカード

20歳を成人とする民法の規定が変更され、18歳以上を成人とすることが決まりました。

 

これに伴いクレジットカードの契約に際して、18歳であっても親の同意を得る必要がなくなりました。

 

そのため、改正民法が施行された後には18歳の新成人によるクレジット―カードの契約数が大幅に増えることになるでしょう。

 

 

18歳から作れるカードとそうでないカード

 

クレジットカードの審査に通ることは、カードローンのそれに比べてさほど厳しい事ではありません。

 

しかし、18歳が作れるカードがあるかどうかは各クレジットカード会社によって異なります。
中には、カードローンと同様に20歳以上でなければ契約できないカードもあるのです。

 

ですので、数あるクレジットカードの中でも「18歳以上」を契約の対象としているカードを選ばなければなりません
従って、親の同意が不要になったとは言え、作れるカードの数が増えたわけではないのです。

 

さらに、注意していただきたい点があります。
それは、「18歳以上」が契約可能なカードであっても契約者が高校生であれば発行してもらえないということです。

 

カード会社としては例え18歳以上の成人であっても、収入源を持たない高校生と契約を結ぶことはあまりにもリスクが高すぎるのです。

 

そのため、18歳に成人年齢が引き下げられてもクレジットカードを作れるのは高校卒業以降ということになります。
もっとも、年齢が18歳であっても高校に通わず就業している者についてはこの限りではありません。

 

 

 

18歳の新成人におすすめのクレジットカード

 

成人年齢の引き下げが実際に始まるのは、新しい民法が施行される2022年4月1日以降です。

 

そこでここからは、この時期に新成人になられる方のためにおすすめのクレジットカードを2つ紹介したいと思います。

 

三井住友VISAデビュープラスカード

これは18歳から25歳までの方のみが作ることのできるカードです。
このカードの特徴は、収入の額によって申し込みが制限されることがないという点にあります。

 

通常、クレジットカードの審査においては年間収入200万円が通過基準となっています。

 

しかし三井住友VISAデビュープラスカードの場合は、18歳以上25歳未満の方であれば収入の額に係らず誰でも申し込みをすることができるのです。

 

また、大学生や専門学校生であれば例え収入がゼロであってもカードを発行することができます
この点に加えて、三井住友VISAデビュープラスカードには年会費に関しても大きなメリットがあります。
なんと、年に1回でもカードを利用すれば年会費が無料になるのです。

 

VIASOカード

同じく18歳以上の契約対象としているカードにVIASOカードがあります。

 

このカードの特徴はポイントのキャッシュバックです。
クレジットカードの多くはポイントのキャッシュバックを行う際に何らかの手続きをしなければなりません。

 

しかしVIASOカードの場合、オートキャッシュバックというサービスがあるため、貯まったポイントは自動的にキャッシュバックされます。そのため、キャッシュバックのための手続きも必要無ければ、ポイントの有効期限を気にする必要もありません

 

またこのカードには、ポイントが貯まりやすいというメリットもあります

 

AmazonやYahoo!ショッピング、楽天市場などが参加している会員限定のVIASOeショップを経由して買い物をすることで、最大でポイントが20倍、そして還元率は10%以上にもなるのです。

 

尚、ショッピング保険は年間で100万円までとなっています。